防火ドア・特殊防火ドア(折扉・引扉)

一般住宅・店舗・工場・学校・オフィスビル・商業ビル等、防火ドアのトラブルを解消致します。
修理・改修からメンテナンスまでご提案させていただきます。

防火ドア

  • 防火ドア
  • 防火ドア
  • 防火ドア

防火ドアとは火事による火炎を遮る一定の性能(遮炎性能)を持つ扉のことです。
火災の延焼や拡大を防ぐため、建築物の「延焼のおそれがある部分」に窓や扉などの開口部を設ける場合は、防火ドアの設置が義務付けられています。
防火ドアは、通常1時間以上火炎に晒されても貫通しないとされています。

定期検査

  • 定期検査
  • 定期検査

平成25年に発生した福岡市の診療所火災事故では、火災時に自動閉鎖するはずの防火ドアが正常に作動しなかったため、多くの犠牲者を生み、社会的な問題に発展しました。
国土交通省は、これまで建築施設の防火ドアの定期点検が各自治体の裁量任せだった点を改め、建築基準法を改正して防火ドアの定期点検義務化を法令で規定する方針を打ち出すこととなりました。
現在では消防法により消防設備点検・報告が6か月に1回(機器点検)1年に1回(総合点検)が義務付けられています。
この点検時に、平常時に使用することのない機器が正常に作動せず防火ドアが機能しない場合、検査不適合となり、是正勧告や最悪法的に罰せられることもあります。

メンテナンス

  • 定期検査
  • 定期検査
  • 定期検査

現状は正常に動作している、又は正常に動作はしているが動きが悪いなどの劣化が進んだものを対象に点検調整をしたり、場合によっては部品の交換などを行います。
故障の予防やドア・扉本体の寿命を延ばすために行っております。

防火設備(旧 乙種防火戸)

かつては「乙種防火戸」と呼ばれていました。
閉鎖時に通常の火災時における火炎を有効に遮るもの、と定義されている防火ドアです。
隣接する建物からの延焼を防止するために、建築物の外壁に設けられることが多いです。

特定防火設備(旧 甲種防火戸)

かつて「甲種防火戸」と呼ばれていました。
特定防火設備は、通常の火災の火炎を受けても1時間以上火炎が貫通しない構造と規定されているほか、火災時に確実に閉鎖させるため、以下の2種類の構造しか認められていません

常時閉鎖型防火戸

常時閉鎖型防火戸

人間の意志によって開いている間だけ開放され、それ以外は常に閉鎖されている防火ドアのことです。
常に閉まっているため、火災時の火炎や煙ガスの流出や拡大防止には非常に効果的です。
常時閉鎖防火戸は普段から扉として使用している分、不具合などはすぐに発見されますが、使い方や使用頻度により部品の故障や開閉不良につながります。
早急な対応で簡単に直るものも無理をして使用または長い期間そのままにして使用すると症状が悪化して、最終的には扉として機能しなくなる場合もございます。
扉の不具合もしくは違和感を感じた場合は当社までご連絡ください、迅速に対応させていただきます。

随時閉鎖型防火戸

常時閉鎖型防火戸

火災を検知すると閉鎖される形式の防火ドアです。
「常時閉鎖型防火戸」は出入りの度に開閉動作が生じ、日常の使用性を阻害してしまいます。
そのため近年では平常時は開放状態で用い、火災時のみ閉鎖する機能をもつ「随時閉鎖式防火戸」が数多く使用されています。
随時閉鎖型防火戸は消防設備点検時に不具合が見つかることが多く、消防法の観点からも早急な対応をしなければなりません。
部品の不備・扉の老朽化・現場環境による扉、又は部品の劣化 etc.
調査ののち、対応させていただきます。

防炎性能と防煙性能

発音が近いため混同されがちですが、全く異なる性能です。
防炎性能は火熱を防ぐ能力で、一方で防煙性能は、煙の侵入を防ぐ性能です。
防火ドアには一般的に防煙性能を求められておらず、火災時の煙の耐久性についての規定はありません。
しかし、防火ドアを防煙区画と併用することや、法令の中で、区画に防煙性能を持った防火ドアを要求する場合もあるため、防煙機能が付いた防火ドアも存在します。

当社の姿勢と理念

一般住宅・店舗・工場・学校・オフィスビル・商業ビル等、防火ドアのトラブルを解消致します。
「安心・安全・信頼」を提供できる確かな技術で、修理・改修からメンテナンスまで、お客様の立場に立ったご提案をさせていただきます。

我々は防火ドア・扉のスペシャリストです。
防火ドア・扉のことならまずは、当社にご相談ください。

お問い合わせはこちら

修理・施工実績

ご依頼・お問い合わせ

03-3888-5788
03-3888-5789
お問い合わせ